マフラー女子○学生雪蕩けレ○プ

マフラー女子○学生雪蕩けレ○プ

【DMMコミック】同人:マフラー女子○学生雪蕩けレ○プ_LP1_SP/PC-SEO

 

 

あまりモテなさそうな中年男性は、女性に飢えてます。

 

 

「嫁さんが欲しいな」なんてしょっちゅう思ってます。

 

 

地方のローカル線の鉄道会社に務める駅員さんは、いつもそんな気持ちを悶々としながら仕事をしてます。

 

 

地方といえども人と接する仕事なのですが、女性との出会いがありません。

 

 

夜、終電を迎えるが、赤字経営のローカル鉄道会社は仕事が山済みで、駅員さんは駅に残って仕事をしてました。

 

 

すると外で、ドサッと音がする、続けて人の叫び声が聞こえる。

 

 

外に出てみると、マフラーを首に巻いた女子学生が尻餅をついて痛がってる。

 

 

どうやら雪で滑って転んだようだ、女子学生は友達と話し込んでしまい終電を逃したようだ。

 

 

あまり大事で無くてホッと胸をなでおろす駅員さん、尻餅をついた少女に「立てるかい?」と手を差し伸べた。

 

ありがとう、駅員さん」そっと握り返してくる、冷え切った少女の手。

 

 

深夜雪が降る中、転んで濡れた少女を温める為に待合室へ案内する。

 

 

少女が気を遣わないように「少し暖まって行くといいよ、始発まで私も付き合うから。」と駅員に少女は「はいっ、ありがとうございます♪」と喜んだ。

 

 

二人はストーブで温まりながら、何気ない会話で時間をつぶす。

 

 

少女はとてもいい子で人懐っこく話てくれる。

 

 

駅員さんも、初めはやましい気持ちはなかったのだが、彼女の短いスカートから無防備に見せるパンツや可愛い太ももが、どうしても目に入ってしまう。

 

 

駅員は、それなりに常識のある人なのだが、少女の可愛さに我慢できなくなる!?

 

 

少女が後ろを向いてカバンの中から探し物してると、駅員は少女の可愛く揺れるお尻に掴みかかりむさぼる。

 

 

驚く少女を気にすることなく、更に欲望の行為を進める!?…

 

 

少女は必死に抵抗した、さっきまで親切だった駅員さんがなぜっ!?

 

 

泣き叫ぶ少女の秘部に、駅員の反りあがった男根が突き刺さる!!

 

 

少女は初めてを汚され、苦痛に歪む、…しかし、彼女もしだいに……。

 

 

↓試し読みはこちらから↓

マフラー女子○学生雪蕩けレ○プ